ARTIST-MAL’s blog

自由に生きたい雑食アーティストMALのブログ

青色申請は止めました。ついでに廃業届も検討中。ARTIST-MAL’s blog

コンニチハ。子供のころから気分屋さんな雑食アーティストMALでっす。

気持ちや考えがコロコロ変わるといいことよりも悪いことのが多いんだけど、

人はそー簡単には変われませぬ。

 

年末に開業届と青色申告申請書について書きました。

小規模でも赤字でも、青色申請して損はないぜーって。

でも、結局、今年は青色申請するのは止めることにした。

 

最大の理由はメンドクサイから。

確かに、開業届を出して青色申告するメリットがないわけじゃないのだが、

私の今の活動程度なら、メリットは微々たるもんで、そのメリットにかかる手間を考えたら、もーいやになってしまった。

本格的に動き出す前に勉強をかねてー、と思ったけど、

持前のメンドクサガリ精神のが勝手しまった。

 

そしていっこ、見逃していたデメリットもあった。

開業届を出すと、個人事業主として認められるため、失業保険がもらえなくなるとな。

いざとなったときに、これは結構デメリットかなーと思うので、

もはや一旦廃業届だして、軌道に乗るまでは税関系は考えなくていいかなと。。。

 

税金や保険関係は、ほんとーに複雑で、損しないようにするには結構な勉強が必要ですなぁ。。

 

とりあえず今は税関係のことで時間使うよりも、

1つでも多く作って1つでも多く売る体制を整えるのが優先かなーと。

どこまでフザけていいものか。。。 ARTIST-MAL’s blog

こんにちはー今日もマジメモードな雑食アーティストMALでっす。

昨日宣言した通り、ちゃんとミンネ以外のサイトの登録を始めております。
私はハンドメイドサイトでショッピングとかしたことないんだけど、

そういうサイトで何か買おうとするなら、"ヤバくなさそうなショップ"で購入するんだろうと思う。

なんかこのショップ信用できないなぁーと思ったら買わないよね。当たり前だけど。

 

で、私は購入者側じゃなく、販売者側なわけなので、

消費者が安心して買える雰囲気を出さないといけないと思うのだけど。。。

かたっくるしいカンジは大嫌いだし、ちょっとくらいフザけないと自分らしいページにならないじゃん。

フザけたカンジと安心できるカンジ、そのバランス具合に苦悩する。

 

やってくうちに見えてくるもんなんでしょうかね。

 

なんだか久しぶりに絵を描きたい気分。

思いついたことは何でもやってみる! ARTIST-MAL’s blog

コンバンハ。

新年早々、英語の勉強やら家具作りやら画像加工やら、お疲れモードな雑食アーティストMALでっす。

 

人生の目標はゆるーくだらーりなのに、これでもかってくらい忙しい。
こんなはずでは。。。

でも実際に、モノ作りで食っていく、という、世間一般的に言えば夢のような目標に近づく為には、とにかく思いついたことは何でもやってみるしかないと思うのです。

何でも実行してみて、失敗して、気が付いて、やっと次のステップへ進めるのです。

根がマジメすぎるやつはきっと何をやってもゆるーくだらーりな人生にはならないのかも。。。と最近よく思いますが。。。

 

とりあえず今やろうと思ってること。だだーん。

①無料で登録できるサイトは片っ端から登録

良し悪しあるだろうが、無料なら販路広げてデメリットなし。

②近所の手作り市を片っ端から見学。

どんなもんどんなクオリティと値段でどんくらい売れているのか研究。

③季節に影響されないモノを作る技術を取得
ついでに言うと、世界中どこにいても作れるものがいい。

 

夏までに努力が実を結びますように。

 

画像加工はオンライン販売の宿命。。。やれやれ ARTIST-MAL’s blog

また半月以上放置してしまった。。。あわわ。

熱しやすく冷めやすい、雑食アーティストMALです。

あけましておめでとうです。

 

この半月なにしてたかっていうと、

今まで作った作品の画像編集しておりました。

パソコンやらカメラやらはどうも苦手で、

数千円で買ったしょっぼーいスマフォで撮った写真を使ってきたのだけど、

やっぱりいくらなんでもこれじゃまずいだろう、、、と思っていたので、

せめてかろうじて持ち合わせている画像編集知識をありったけ使ってちょっとだけマシなカンジにしてみた。

オンラインで販売するにあたって、商品は画像でしか確認できないわけだし、
そりゃまぁ、写真のクオリティが大事なのは理解できる。

しかしどーにもデジタル加工は嘘ついているようでスッキリしないんだよなぁ。。。
そんなこと言ってたらオンライン販売なんてできないけど。。。。

ビーチサンダルオフシーズンのうちに終わらせたいことだらけでバタバタだー。

2017年の目標 ARTIST-MAL’s blog

 

コンバンワ。有言不実行バンザーイなやんちゃ雑食アーティストMALでっす。いえーい。

今年もおわりってことで、マジメな私は来年の目標考えました。


島ぞうり50足販売
②アクセサリーと絵画の販売開始(出来れば夏前までに)
③TOIEC850点。今の実力がバレてしまう発言。恥っ。
④冷蔵庫にお財布を入れない、ドアに鍵をさしっぱなしにしない。
⑤庭の土を常にフッカフカにする。
⑥週5回くらいはストレッチと腹筋やる。
⑦在宅以外のバイトを辞める。
⑧友達を作る。
⑨沖縄と東京以外のどっかに行く。
⑩イライラしない。

 

たぶん出来るかなーと思うのが、②③⑨
たぶん出来ないだろうなーと思うのが、④⑤⑩

 

さって、どうなるかなー。
とりあえず、今年残り3日。楽しく生きよう。

オーダーメイド島ぞうり ARTIST-MAL’s blog

またもや3日坊主になりかけた気分屋雑食アーティストMALです。。

 

冬に入ってからは島ぞうりオーダーが完全にストップしており、
仕方ないので他のスキル磨いたり、勉強したりしてたわけですが、
今月はちょっと久しぶりに島ぞうり制作しました。

メキシコに住む友人のリクエストでゆるいタコさん。

f:id:ARTIST-MAL:20161229162250p:plain

子供の1歳誕生日記念に、子供の足形に名前と誕生日↓

f:id:ARTIST-MAL:20161229162744p:plain


島ぞうり販売にあたって、こんな風に購入者のリクエストに応えてデザインからフルカスタムで制作・販売することが多いんだけど、
たまーに既に作ったことがあるデザインを「これください」と言われることもある。
↓半年前に26センチで作った大人サンダルを子供サイズで受注。

f:id:ARTIST-MAL:20161229162407p:plain

作る側としては、デザイン業務があるかないかで制作時間が大幅に違うので、
既成デザインの方が楽で助かるんですが。。。
(事実、既成デザインサンダルは2500円前後が相場だけど、フルオーダーメイドは5000円くらい取っている彫り師が多い)
でも私は、一からデザインを起こすフルオーダーメイドをあえてかなり安く販売している。

 


なぜかっていうと、"自分だけのオリジナルデザイン"であることこそが、手作りの醍醐味だと思うので。
大量生産するようなものなら、機械でやった方がよっぽどキレイだし早いし安くすむし。
実際に、今や島ぞうりでさえ、機械彫りをする会社が出てきていて、
機械で大量生産した既成デザインに5分で名前を彫り込んで1500円くらいで販売していたりする。

手彫りで1足何時間もかけて頑張っている彫り師が、そういう商売に対抗するには、
その人の為だけの思い入れのある絵柄を、一足一足思いを込めて彫ることしかないと思うのです。

それこそが、私がやりたいことであるし、どんなにハイテクな時代になったって、
そういう魂を込めた作品を求めている人は絶対に消えないだろうと思うのです。

 

ミンネにいっぱい作品載せてるので、気になる人は遊びにきてNE!!

minne.com

島ぞうりアート試行錯誤あれこれ。 ARTIST-MAL’s blog

はろー。気まぐれ雑食アーティストMALでっす。

 

始めて島ぞうりアートってやつに出会ったとき、やってみたーいと思って、 一生懸命島ぞうりの彫り方をネットで探したんです。

島ぞうりの彫り方DVDキット」なる、いわゆるハウトゥー商品はたくさん出るんだけど、 意外なほど、作り方を解説してくれるサイトは少ない模様。。。

「彫り方のコツ」に至っては、ほぼ見つからない印象。

まぁ、そもそもやってる人の人口が少ないんだろうし、商売でやってる人にとっちゃタダでスキル教えるメリットないわけだし、ていうか、習うより慣れろの世界なんだろうなーとは思うけど。

 

DVDキットみたいのを買うのは、なんか性に合わなくて、結局、試行錯誤しながらたくさん彫ることにした。

最初の30足くらいは売り物にならない前提で、友達を練習台にひらすた彫った。

 

 

その過程の中で、いくつか、見つけた私なりの島ぞうりの作り方。

①刃はとにかくこまめに変える

これは島ぞうりアーティスト皆が共通していうこと。もうちょっといいかな、、、って粘ろうとするとラインがきったなくなって、それを直す手間のがずっとめんどくさいし、一度でスパっと切った美しいラインにはもうらならい。

 

②デザイン起こしはパソコン上で。

最初は、手描きっぽくしたいからスケッチブックにひらたすら手描きしてたんだけど、、、 微調整する度に消して描いて消して描いて・・・あっ、やっぱり前のが良かった。。。みたいなことに。

ベクター系でなく、ピクセル系のお絵かきソフトを使って手描き感覚でパソコンにデザイン画描くのが一番かな。

 

島ぞうりの下絵はフリクション

アーティストによって、フリクション・鉛筆・ボールペンと好みがあるようだけど、、、

最初は鉛筆で描いた。ぞうりが傷つかないようにB2くらいで。

でもやっぱり何度も消すことになると、島ぞうりもどんどん傷ついていくし、結構頑張って消してもウッスラ鉛筆跡が残っていることも。。。

次はボールペンで描いて、除光液で消す作戦。 描きやすさも消しやすさもナカナカだけど、消すたびに除光液が島ぞうりに吸収されていく状況に耐えかねて却下。

なんかニオイにマヒしそうだし。

で、結果フリクションに行き着く。

大きい部分が気に入らなければ、ドライヤーで遠くからゴォォォォーってやれば消える。(近すぎるとゴム焦げるけど。。)

小さい間違えは鉛筆同様ラバーでゴシゴシするんだけど、鉛筆×消しゴムほど力強くゴシゴシしなくても大丈夫。

たぶん、一番ぞうりを傷つけずに、キレイに仕上がる。

一つだけデメリットがあるとしたら、-20℃の環境下で下描きが復活してしまう。。。。ので、冷蔵庫には入れないでください。

 

④鼻緒は下2つだけ外す。

これもアーティストによって好みがあるようで、鼻緒は一切外さずに作業する強者もいるようだけど、 さすがに作業しずらいので、私は下2つだけ外してる。

上の部分は下の2つより狭い?固い?っぽく、外すのもつけるのも苦労した。

そして、狭いので、破けた。。。。これはメッチャショック。

苦労とリスクの割には、格別作業しやすくなるわけじゃないので、下2つだけで十分だ。

 

⑤鼻緒を取り付けたあとの全体像をイメージしてデザインせよ。

もう20足くらい彫った後の失敗談だけど、 メッチャいいデザインできた~♪とアゲアゲで彫り進め、 満足気に写真撮影しまくって、最後に鼻緒を取り付けたら。。。。。

デザインの大事な部分が鼻緒で隠れるやん!!!

そして全体のバランスが急に悪くなったやん!!!

え、そんなバカなことすんの、私だけなの?

それからは、"鼻緒部分がうっすら色付けされた島ぞうりの下絵"を使ってデザイン画描くようにしてます。

 

なんか他にもいろいろーあるけど、長くなってきたので、またいつか。。。ドロン