読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARTIST-MAL’s blog

自由に生きたい雑食アーティストMALのブログ

イギリスの美大 ARTIST-MAL's blog

アートワールド

最近は留学も結構よく聞く話で、イギリスの美大も年々日本人が増えているらしい。

美術留学を考えている人の為に、ちらっと私が通っていた学校をご紹介しましょ。

 

もう10年以上前の話だが、日本が息苦しかった私は、

イギリスって現代美術が盛んらしい、そんな風の噂をききつけ、3日も悩まずに進学を決めた。

 

よく海外の大学は「入るのは簡単で出るのは大変」と聞いていたけれど、

当時NICE TO MEET YOU!!さえマトモに言えなかった私にとっては、入るのもそれなりに苦労はした。

 

高校最終学年から1年間、私としてはけっこーマジメに英語に取り組んで、イギリスの大学に入る為のIELTSという英語の試験で、6を取得した。

(当時は専門学校5、大学6、大学院7以上というのが基準だったと思う)

英語もよくわからない日本人が日本から申し込むにはあまりチョイスもなかったので、

イギリスの中でもマンモス校と言われ、留学生受け入れも整っているロンドンインスティチュートに無事入学。

(詳しくは書かないけど、おススメはしません。。。)

 

f:id:ARTIST-MAL:20161206151116j:plain

 雰囲気はいいんだけどねぇ。。。


2年目から学校を変え、快適な美大ライフが始まりました。

f:id:ARTIST-MAL:20160425091443j:plain

 一人当たりが使える制作スペースが広い!!! 汚い!!!

 

さて本題に入ると(前置き長っ)

高校時代も美術をカジっていた私にとって、イギリスの美術と日本の美術の、ベースの考えが全く違うことに衝撃ドーン。

 

日本でも大学で美術を専攻していたら、違ったのかも知れないけど、

私が知っている限り、日本では「うまく描くこと」「美しさや侘しさや強さを表現すること」などが求められていたように思う。

でもイギリスでは、「なんでこの色か」「なんでここに線があるか」「なんで白いキャンバスか」etc、「なんで?」をトコトン突き詰めることを求められた。

 

そして日本では技術や色彩学などを勉強をするらしいが、

イギリスではそういう授業はなく、朝から夜までただひたすら絵を描いていた。

 

英語わっかんないし、そもそも言葉にすることが苦手で、特別自分の絵で伝えたいメッセージなどない私にとって、イギリス美術の世界はとってもとっても窮屈だった。

ジャクソン・ポロックやバスキア、アウトサイダーアートを持ち出して、私なりに一生懸命自分の作品を説明するのだが、説明している自分自身が一番違和感で、無理してる感があった。

f:id:ARTIST-MAL:20160425091514j:plain

ぶっちゃけ、なんで描くのかなんて、どーでも良くね?って思ってた。

だって私、絵の具触ってんのが好きなんだ。

石膏かき混ぜて変なオブジェ作るのがたのしーんだ。

 

でも、なぜ描くのか、なにを伝えたいのか、を説明出来なければ、

「アーティストとしてイケてない」空気だったので、考えて考えて考えて考えて、4年くらいついた。

 

今、距離を置いて思うのは、イギリスの美大がそういう世界だっただけであって、

人それぞれの「アート」のとらえ方があっていいんだと思う。

でも、学校選びや、そもそもアートするのに学校入る意味あんの?ってことは、一回考えてもいいのかもしれない、と思う。

 

 

ドローウィング

かつてのメインワークは、木炭画と壁画と彫刻。

木炭の、心もとないビミョーーーーな感じがいいんだよなぁー。

 

過去のものを数点だけ抜粋しました。

 

f:id:ARTIST-MAL:20160414172003j:plain

f:id:ARTIST-MAL:20160414172008j:plain f:id:ARTIST-MAL:20160414172017j:plain f:id:ARTIST-MAL:20160414172027j:plain

今日のドローウィング ARTIST-MAL’s blog

f:id:ARTIST-MAL:20160425201432j:plain

f:id:ARTIST-MAL:20160425201435j:plain

f:id:ARTIST-MAL:20160425201438j:plain

f:id:ARTIST-MAL:20160425201441j:plain

はじめまして。雑食アーティストMALです。

はじめのいっぽ

はじめまして。雑食アーティストMALです!
初投稿なんで、簡単に自己紹介しようと思います。いぇーい。

中学でバルセロナのガウディ建築を見て芸術世界に興味を持ち、高校から本格的に美術の勉強を開始。
大学は海外の美大へ進学・・・

と、割とアリガチなアート経歴の予定でしたが、
根がクソマジメな私は、大学で「芸術とはなんぞや?」という、壮大すぎるテーマに悩まされ、
結果、卒業後、完全に筆を捨て、発展途上国スクーバーダイビングのプロとして就業。笑

その後も単発イベントやプレゼントなどで描く以外はほとんどアートに触れることなく10年の月日が流れたのです。

そして、2016年。
特に理由もなく、突然アートしたい気分になり、活動再開!
10年の活動停止のせいなのか、歳をとったせいなのか、
「芸術とはなんぞや?」という壮大なテーマの答えは、どうでもよくなってて、
自分が楽しけりゃいーんじゃない、自分が作りたければ作ればいーんじゃない?と思えるようになったワケです。

と、同時に、この10年でいろんな経験をしたけれど、
私はやっぱり作るのが好きだなぁーって再確認して、
暇つぶしーみたいな手ぬるい感じじゃなくて、ちょっと本気で好きなことにマッシグラしてみようかと思っています。

文章書くのは苦手だけど、自分の記録と、ちょっとだけ営業目的も兼ねて(テヘ)、ブログってみよーかと思います!
応援よろしくお願いします!