読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARTIST-MAL’s blog

自由に生きたい雑食アーティストMALのブログ

アートとデザインの違い ARTIST-MAL's blog

アートワールド

こんにわ、やんちゃな雑食アーティストMALです。

今日はちょっぴりマジメに語ります。

 

アートとデザインの違いって何だろう?
ニュースや一般記事を読んでいると、アートとデザインを同意語のように使っているシーンをよく見かける。


デザイナーはどうかわからんが、自称アーティストなら「アート」と「デザイン」は「全然違うもの」という意識が強いと思う。
私も、アートとデザインは、似ているものどころか、正反対のものという考え派だ。
アートは「自分自身の為の創作活動」であり、
デザインは「他人の為の創作活動」である。
というのが私の理論。

 

デザインはクライアントの要望がすべてだ。
「オシャレにする」にしろ、「インパクトを出す」にしろ、
相手の求めるものを最大限に引き出す技術や知識を提供するのがデザインだと思う。

アートは自分が作りたいものを作るだけ。
そこに他人は関係ないし、ましてや売れるか売れないか・ウケるかウケないかは問題じゃない。

 

もちろん、名が売れ始めるとアートもデザインも関係なくなるところもある。
デザイナーとして大成功した人は、その人の"テイスト"を求めてクライアントがよってくるだろうし、
アーティストとして有名になれば、一般人が気軽に変えるポスターやノートとして販売される。
だからアートとデザインはゴッチャにされることが多いんだと思うけど、
根幹は全く違うものだと思う。

 

ちなみに私のポジションはというと、どっちでもあるし、どっちでもない。
私は、「作る」という「行為そのもの」が好きなんであって、
自分が楽しめるんであれば、私が作っているものがアートでもデザインでも、

私自身がアーティストでもデザイナーだと思われても、何でもオッケーと思うようになった。

でも自称アーティストを語るのは、私の中で捨てれない何かがあるからなのかもしれない。

 

沖縄来てから島ぞうり彫りに勤しんでおります。
ミンネで島ぞうり発売中ー。

 

minne.com