ARTIST-MAL’s blog

自由に生きたい雑食アーティストMALのブログ

個人事業主で開業届けとか青色申告って必要ある? ARTIST-MAL's blog

 

コンニチワ。根も葉もマジメな雑食アーティストMALです。うぇーい。
個人事業主に限らず、人生で一番めんどくさい(?)税金について、
専門家から聞いてきた話をメモっておくよ。

 

結論から言ってしまえば、1年で1万円しか稼いでなくても、ガッツリ本業としてやっていても、青色申告をして損はないらしい。
ただ、白よりは若干めんどくさいし、だから趣味程度でやっている人は手間を取るかメリット取るかは本人次第。
年間20万円以下なら申告の義務さえないし、むしろ、フリマや友人相手の商売程度なら、そもそも申告対象にもならないとのこと。
青色のメリットはかなり大きいので、今後本格的に商売をする予定だったり、初年度に大きく赤字があるならば、初年度から青色申告するべき。

 

【開業届】
義務ではないので、出さなくても罰則はない。
が、開業届を出さないと青色申告ができない。

 

青色申告】と【白色申告】
基本的に個人事業主・フリーランスとして年20万円以上の収入がある限り、どっちかは提出する義務がある。
ーーー青色申告の3大メリットーーー
①最大65万円の控除
②赤字の繰越(向こう3年の黒字と相殺できる)
③家族従業員の給与を経費に出来る

他にも50くらいあるらしいけど、とにかくほとんどの人にとってお得。

 

【年金】とか【健康保険】とか【住民税】とか
収入によって所得税だけでなく、翌年の住民税や健康保険の額、年金免除の不可なども決まる。

ざっくり言ってしまえば、バイト収入が200万だったとして、個人事業で100万円の赤字なら、実際には100万しか稼いでいないってことになるわけだ。
そして基礎控除と給与控除で103万。。。課税対象になる所得さえ発生しないことになる。
まぁ、かなーーーーり雑な計算だけども。

 

ちなみに本業があった上で、趣味として・副業として得た収入は、事業所得ではなく、雑所得となるので損益相殺は認められていないとのこと。
これは開業届を出していたとしても、客観的にみて、あくまでも個人事業をメインとしてやっていなければダメだそうだ。

 

税金関係は複雑すぎてたまに本気で嫌になるけど、
少し税金の知識をつけるだけで、ウン万円の節約になったりするんだよねぇ。。。
税金を"節約"するっていう考えはあまり好きではないけど、実際に払う必要のないものは払いたくないしねぇ。。。